笹山紹介

笹山笠は黒崎祇園の原型とも伝われ、明治三十九年以前までは山笠はすべてこの笹山笠だけであった。

お汐いとりの当日に立てられ継承されているが地区により若千飾り方に違いがある。山笠台の中央部に笹を

2本立て注縄でつなぎ、ご神体の意味で須賀神社のお札の前に鏡を取り付け、その周りを杉葉で勾欄にする。

勾欄は神社の欄千を意味し、神城を象徴する勾欄の四隅には布で作った梵天をぶら下げる。梵天は神の座を

示すもの、欲界の上にあるもののよし、つまり勾欄から上は神の座という事である。山笠台の周囲は幕をで飾り

両脇に大きな提灯を付け、時には連隊旗を飾ったり、花木を付けた例もある。当時、笹山に用いられる幕は、

各区費用をかけこったもので船町は「船町」の図を四囲に刺繍し 「船」 の字を配したものであり同様に田町は

田の字を図案化し藤田は藤の字を形どった。一方熊手は熊の字に弓を配したものを刺繍していた。

台上の飾りも各区異なり、船町は船扇を四面に各面四個宛並べ藤田、田町は檐を並べそれに各自区のマークを

入れており、熊手は横に国旗をはり弓を配していた。現在でも多少変化はしたものの、かき棒をかずらで縛り

笹を立てただけのシンプルな山笠は、その伝統を今に受け継いでいる。

この笹山笠は昭和四十三年県無形文化財指定・昭和五十一年県無形民俗文化財指定された。