黒崎祇園山笠は、伝統・勇壮・華麗な祭りである。黒崎祇園の発祥を記念した最古のものが、八幡祇園原町の

八東神社(仲宿神社に合併)の社伝として存在する。円融天皇天禄元年(970年)の夏、初めて祇園祭を行うとある。


祇園祭とは、疫病の神を鎮め怨霊を慰めるために行う御霊会(悪疫退散・無病息災・五穀豊穰の礼念会)であり、

型としては衣代笹山であった。元久2年(1205年)花尾城主麻生氏が祇園社の祭儀を行い。その後、慶長五年(1600年)

黒田長政が黒崎城主井上周防之房をして春日・岡田両宮に須賀大神を奉納せしめた。この祭礼として町民山笠を建設す。

これが、黒崎祇園の起源といわれ現在 春日神社・岡田神社・一宮神社の祇園祭として受け継がれている。

之房は祭礼に勇ましさをつけるため、関ヶ原の経験を生かし、陣太鼓の調子を取れ入れ、これに鉦やホラ貝を組み込んだと

いう。かきぶりの勇壮さは、この囃子に根源しているということである。小太鼓・大太鼓・鉦の三拍子そろった打ち方の序

破・急は据山・練山及び追い山の三態を指揮するもので、かきてをいやが上にも躍動せしめるいつ頃からこのリズムが

取り入れられたのであろうか、他に比類のない名調子である。旧来、黒崎祇園は暄曄山笠とも云われてきた。

これらは、威勢によい囃子のせいではない。ある古老いわく、熊手の者と藤田の者は出身地が違う。

熊手は山寺から、藤田は上の銘からそれぞれ移住した者である。それゆえ排他根性が原因だと。現在暄曄山笠の異名は、

山の勇壮さにとって代わり今もなお受け継がれている。